トップページ >カルシウムとダイエット

カルシウムとダイエット

ただ食べないダイエットがリバウンドなどを起こしやすいということがわかり、最近では燃焼に有効な食品を食べたり、運動で筋肉をつけて燃焼を促すダイエットが流行しています。カルシウムには筋肉の収縮を促す作用があるため、筋肉をつけるためには欠かせない成分なのです。

 

血液や細胞内のカルシウム
骨や歯に多いカルシウムですが、わずかな割合で血液や細胞にも存在しています。この血液や細胞内のカルシウムが、筋肉の収縮に欠かせない要素です。

 

また、神経伝達を促進したり心筋の働きを保つのも、カルシウムの役割の一つです。これらが働かないと、運動をすること自体ができません。つまり、筋肉をきたえようと思ったら、ほんの少しの動きでもカルシウムに頼っていることになるのです。

 

カルシウム不足のもろい骨
カルシウムが不足すると、骨がもろくなり、骨粗しょう症になる可能性が高くなります。年をとってくるとカルシウムの吸収が困難になり、骨が老化してきて軽く打っただけで骨折してしまうようなことがよくあります。

 

また、閉経後の女性は急激にカルシウムが減少してくるため、骨粗しょう症に陥りやすいのです。最近では、極端に食べないダイエットのために、若い女性が骨粗しょう症になるケースが増えています。

 

骨が弱くなってくることで筋肉が育たなくなり、代謝が悪くなるのと同時にエネルギーをあまり必要としない体質になってしまう可能性もあります。

 

そうなると、燃焼しない太りやすい体になってしまうので、ダイエットとは逆行することになりますね。カルシウムは、このようにダイエットにも深いかかわりを持っているのです。